立命館大学合格者高校別ランキング2020

  • 1位 膳所(滋賀)425名
  • 2位 茨木(大阪)287名
  • 3位 石山(滋賀)271名
  • 4位 豊中(大阪)242名
  • 5位 大手前(大阪)237名
  • 6位 彦根東(滋賀)227名
  • 7位 嵯峨野(京都)221名
  • 8位 守山(滋賀) 216名
  • 9位 西京(京都) 210名
  • 10位  関西大倉(大阪)197名
  • 11位   北野(大阪)194名
  • 12位  三島(大阪)184名
  • 13位  四条畷(大阪)183名
  • 14位  奈良(奈良)  177名
  • 15位  刈谷(愛知)  170名
  • 16位  山城(京都)  163名
  • 17位  春日丘(大阪)158名
  • 18位  須磨学園(兵庫)157名
  • 19位   東大津(滋賀)156名
  • 20位  藤島(福井) 153名

出典

サンデー毎日2020/3/15

スポンサーリンク

総評

立命館大学の今年の志願者数は94776人で合格者数が28051人。
競争率は3.4倍。

昨年、一昨年の定員厳格化の影響もあり、今年は関関同立のうち関大、関学、同志社
の3大学はどこも志願者数を減らしている中、唯一立命館だけ志願者数を増やし、
全国私大志願者数ランキングでも6位の浮上。

関西では近大に次ぐ志願者数である。

関関同立では数年前まで同志社、関学、立命館、関大の順に難しかったが、
今年の志願者数増加の影響もあって、関学と立命館の難易度はほぼ変わらない。

また立命は関大や関学と違って関西のみならず全国から志願者数を集めているので、
出身校のランキングにおいても15位に愛知の刈谷高校が入ったり、
20位に福井の最難関校藤島高校が入ったりしている。

全体の特徴としては、大阪・いばらきキャンパス開校以来、大阪の公立進学校の合格者数が
数年前よりも一段と増えており、特に地元茨木高校や関西大倉高校の立命合格者数は
大幅に増加している。

立命館の合格者数ランキングにおいても公立高校が優勢で、私立は先に述べた関西大倉高校が
10位以内に唯一ランクイン。次いで須磨学園が18位となっている。