早慶上智GMARCH一般入試入学率ランキング

  1. 明治大  69.7% 
  2. 法政大 61.4% 
  3. 青山学院大 60.0% 
  4. 立教大  56.7% 
  5. 慶應義塾大56.0% 
  6. 早稲田大 55.9% 
  7. 中央大学  52.0%
  8. 学習院大学 49.6%
  9. 上智大学  48.0%

総評

偏差値と一般入試入学率は比例せずこの中では4番目に難しい明治大が1位に。

どの大学も以前に比べると推薦入学者数の割合が増えており、
一般入試で入学する学生の割合がやや減ってきている。

例えば、青学大の一般入試入学率は以前は70%を超えていたが、
推薦入学者を増やし、一般入試定員枠をやや減らしたせいか1o%ダウン。

それもあり、青学は文系キャンパスの移転もあり、偏差値が近年急上昇している。

上智大も同じく6割を超える一般入試入学率が数年前まであったが、
近年は推薦枠を増やしたこともあり、半分以下まで減少している。

少子化の影響もあり、受験生の安全志向による浪人回避の傾向も踏まえると、
この傾向はしばらく続くと予想される。