関西の難関私大である関関同立近は東京の私大で言うとどのレベルか?

 

関西の人はさすがに何となくイメージは出来ていると思いますが、
関西以外の人は関関同立という言葉は知っていても関大と関学でどう違うのか?等
いまいちイメージしずらい受験生も多いと思うので解説したいと思います。

 

おおまかに言うと、関関同立=MARCHです。
産近甲龍トップの近大は同じく日東駒専トップの日大と同じぐらい。

 

近年は同志社を除く関大・関学・立命館(関関立)とMARCH
(明治・青学・立教・中央・法政)ならMARCHの方が難しいと言われています。

 

昔から言われている難易度で言うと、

  • 近畿大=日本大
  • 関西大=法政大
  • 立命館大・関西学院大=青山学院大・中央大
  • 同志社大学=明治大・立教大

上記のような難易度です。

 

関関同立で最も易しい関西大がMARCHで最も易しい法政大と同レベル。
最近は法政大の志願者数が伸びてきており、関大よりも難易度は上がっています。

 

立命・関学がMARCH中位の青学大や中央大と同レベル。

 

関関同立トップの同志社はMARCH上位の明治大や立教大とほとんど同じレベルです。

 

ただし、同志社は関西最難関の京大・阪大・神大の受験生の併願先として受験される分
明治大や立教大よりもやや難しいことがあるので要注意です。

 

ちなみに関関同立に次いで難しいと言われている近大で日大とほぼ同レベルです。

 

以上、関関同立近は東京の大学で言うとどのレベルか?でした。